TOPアカデミーからのお知らせ日食を安全に観望しよう

2012年04月28日 土曜日 日食を安全に観望しよう     ( アカデミーからのお知らせ )

img1
上の図が国立天文台から出されている予報です。
川崎市中原区は中心食帯の中になり、太陽の前面を月が通過するために、食が最大になる前後には、太陽がドーナツ状になる様子を観察することができます。特に下小田中地区は中心食帯の中心に近いので月は太陽の真ん中を通ります。
img2
日食が見られる時間帯が早いので学校に行く前に観望できますが以下の注意を必ず守ってください。

■安全な観察方法

日食の観察には危険が伴います。金環日食の最中も含め、どんなに太陽が欠けた状態でも太陽をそのまま直視してはいけません

必ず日食観測専用メガネを使用してください。
img3 日食メガネの例

 また、日食専用グラスの代用品として以前から使われてきた下敷き(一部例外あり)、すすを付けたガラス、色ガラス、サングラスやゴーグル、感光したカラーネガフィルム、カメラ用のND(減光)フィルターなどを通して直視することは極めて危険です。目には見えない有害な光が目の奥に届いて網膜を傷つけ、その結果、失明したりする可能性があります。
 
 過去の日食においても、上記のような危険な観望したため、網膜が傷ついた等の事例が複数報告されています。

太陽が欠けているようすを、ピンホール・カメラの原理または日食用の遮光板、日食専用グラス等を用いて安全に観察してください。

望遠鏡を用いて観察する場合は、太陽投影板に投影するなど安全に配慮しましょう。

img4 太陽投影の例

もっとも安全な方法はピンホール投影や木もれ日を用いる間接的な観察方法です。

塩入 樹実

担 当

小学生 中学生 高校 

教 科

国語、社会、古文、漢文、数学

自己紹介

日本天文学会 会員

 

 

内藤アカデミー

電 話

044-755-6573

受付時間

13:00〜22:00

定休日・備考

日曜日・祝日

住 所

〒211-0041

神奈川県川崎市中原区下小田中3-16-15

交 通

JR南武線武蔵中原駅 徒歩10分

ページトップへ